ホーム > 製品情報 > 放射率測定器 > 放射率測定器 TSS-5X-3

放射率測定器 TSS-5X-3

販売中

放射率測定器 TSS-5X-3なら、常温のままで簡単にサンプルの放射率を測定可能。放射率値をデジタルで見やすく表示し操作も簡単です。

素材表面処理の微妙な違いを数値化

TSS-5X-3なら、常温のままで簡単に放射率を測定できます。
サンプルの放射率をデジタルで見やすく表示し、操作も簡単です。

宇宙、半導体、原子力など、研究開発から量産ラインまで幅広く
使用されています。

 

TSS-5X-2 からTSS-5X-3 へとリニューアルいたしました。

■リニューアルのポイント

①AC電源インレットを変更
電源回りを刷新し、一般的なACインレットへ変更。
諸外国に適した電源コードを付け替える事が可能となりました。
それに伴い、電源スイッチやヒューズボックスも一体化。
見た目もすっきりさせ使い勝手も向上させました。

 

②仕向地に合わせて電源ケーブルを選択可能
ご使用される国に適した電源ケーブルを下記表からご指定ください。
※ケーブルの種類による価格の変動はありません。

電源ケーブル型式 主に使える国
 TSB-JP02  日本
 TSB-CN02  中国
 TSB-KR02  韓国
 TSB-US02  アメリカ
 TSB-UK02  イギリス
 TSB-DE02  ドイツ
 TSB-CH02  スイス

 

【ご注文例】 以下のように必ずセットでご注文下さい。
・TSS-5X-3 → 放射率測定器
・TSB-JP02 → 日本国内向け電源ケーブル

 

★ご不明点はお問合せフォームからご連絡いただくか、
お電話にてお問合せください。

 

放射率測定器TSS-5X測定動画

 

 

 

 

 

★取扱説明書は日本語版・英語版がダウンロードできます。【準備中です】

放射率測定器 TSS-5X-3の製品画像

特徴

製品の特長

  • 素材表面処理の微妙な違いを数値化

    放射率を知ることにより、暖房機器などの放射効率を高めたり、放熱、断熱を重視した材料設計を行うことができ、省エネルギーに役立てることもできます。

    TSS-5X-3は、あらかじめ基準となる放射率がわかっている二種類の基準片(放射率0.06および0.97)を用い、サンプルを加熱することなく常温のままで簡単に測定できます。

    宇宙、半導体、原子力など、研究開発から量産ラインまで幅広く使用されています。

     

  • 測定原理

    赤外線は試料で反射され、その一部は半球面黒体炉の頂点の小孔から入射します。
    検出素子は、そのエネルギーを一定比率で検出します。


ページの先頭に戻る

仕様・光路図

印刷する

型式 TSS-5X-3
測定方式 赤外線検出による反射エネルギー測定方式
測定波長 2~22μm
測定範囲 放射率:0.00~1.00
精度定格 フルスケールの±1%
測定面積 Φ15mm
測定距離 12mm(検出ヘッド脚柱による固定方式)
試料温度 10~40℃(室温)
測定値表示 LEDデジタル表示(少数第2位まで表示)
出力 0~0.1V、0~1V、フルスケール
使用温度・湿度範囲 10~45℃・35~85℃(結露なきこと)
電源・電力 AC100~240V、50/60Hz、30W ※電源ケーブルは付属しておりません。仕様地に合わせた電源ケーブルを選択してください。
寸法・質量 検出ヘッド部:Φ51×137Lmm、0.6kg(3000Lmmロボットケーブル付)
計測部:156H×306W×230Dmm(ゴム足取手等含まず)、5.0kg
付属品 放射率基準片収納箱:84H×238W×185Dmm、1.1kg
放射率基準片: 0.06(鏡面)、0.97(黒体) 各 1個収納

ページの先頭に戻る

外形図・配線図


ページの先頭に戻る

2D・3D CAD

該当の項目はございません


ページの先頭に戻る

オプション

該当の項目はございません


ページの先頭に戻る

  • お問い合わせ電話番号
  • お問い合わせフォーム