ホーム > 製品情報 > メールマガジンバックナンバー > レーザ同光軸ヘッドの温度計試作機をご用意/綺麗な花火も温度も全部見たい派の方に【JSメールマガジン 201608】

レーザ同光軸ヘッドの温度計試作機をご用意/綺麗な花火も温度も全部見たい派の方に【JSメールマガジン 201608】

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ジャパンセンサーメールマガジン 【 2016年8月号 】
┃ https://www.japansensor.co.jp/   
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いつもジャパンセンサーメールマガジンをご覧いただきありがとうございます。
ジャパンセンサーメールマガジン 2016年8月号をお届けします。

★ 目次 ★……………………………………………………………………………

1.【製品情報】レーザ同光軸ヘッドの温度計試作機をご用意

2.【特集】綺麗な花火も温度も全部見たい派の方に~リニアセンサ温度計開発中~

…………………………………………………………………………………………

【製品情報】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆レーザ同光軸ヘッドの温度計試作機をご用意
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

レーザ加工は、レーザ光を照射して対象物を切断、溶接、肉盛り、表面加工
するもので、加工時間が短く微細な加工が可能なため、近年その用途は急速に
広がっています。

その加工プロセスは、これまで、CCDカメラで加工中の画像や完成品の仕上がり
により、レーザの出力、照射時間等の設定で管理してきました。

今後、より製品のバラツキをなくすためには、
「加工中の対象物そのものの温度を、加工中に把握すること」 が大切です。

また、そのためには、
「レーザエネルギーの影響を受けない」「高速サンプリング」「測定点が小さい」
                必要があります。

ジャパンセンサーのFTK9-Rシリーズなら、以下の特徴で測定のお手伝いが
できます。

「実効波長1.95μm~2.5μmで レーザー波長の影響を受けない」
「最速サンプリング周期1mSecの高速応答」
「最小測定径φ0.15mmの小スポット計測」

◆FTK9シリーズ
http://goo.gl/oJGwlZ

なお、使用されたお客様から
「ワーク周辺にはレーザヘッドがあるため、放射温度計のヘッドが置けない。」
「位置合わせが面倒」       …とのご指摘もありました。

そこで、ジャパンセンサーではレーザーヘッドと、放射温度計、CCDカメラを
一体化し、同光軸でレーザ加工、画像把握、温度計測が可能になる
「レーザ同光軸ヘッド」を開発し、試作機を作りあげました。

これにより、煩雑な位置合わせに悩まず、小型のヘッドひとつで、加工点の
画像と温度を観察することができます。

温度情報をレーザ出力にフィードバックして制御することに、一歩近づきました。

当面、「レーザ同光軸ヘッド」は各社様ごとの仕様に合わせた対応となります。
お気軽に弊社営業担当までお問合せください。

本社(東京):03-6716-8877 / 大阪営業所:06-6304-7335

■□■□お問い合わせフォーム■□■□
https://goo.gl/SO4jXb
■□■□■□■□■□■□■□■□■□
記事:Y・Y

【特集】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆綺麗な花火も温度も全部見たい派の方に~リニアセンサ温度計開発中~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

8月に入り暑くなってきましたね。これからが夏本番といったところでしょうか。

先日お祭り帰りと思しき浴衣姿の人を見て、花火大会を思い浮かべました。
今年は近くの川の花火大会を見る予定です。

ところで、花火は火薬と金属の粉末を混ぜたものに火を付けることで
きれいな火花を出しますが、その温度は大体何度くらいなのでしょうか?

気になったので調べてみました↓

線香花火 370℃
ススキ花火 500~600℃
花火大会の打ち上げ花火(煙火) 1700~2200℃

花火から距離が離れていれば熱が放出されて冷めますが、根元はこれだけの
温度になるので、お盆休みなどにご家族等で花火をされる場合は十分お気を
付けください。

さて、大きな花火大会では打ち上げ幅が1kmを超えるものもあります。
比較的近い場所から鑑賞する場合、左を見たり右を見たり、
ちょっと忙しかったりしますよね。

また、近い距離からカメラで撮影しようとすると予め位置を予測して構えて
おかないと、きれいな瞬間を収めるのはなかなか難しいのではないでしょうか。

「全部見たい、収めたい」といった場合には、もっと離れた場所に移動するか
レンズなどで視野を広げる必要がありますが、このままでは、対象の像が
小さくなってしまいます。

そのままの画質を保つには同時に画素を増やす必要があります。

5月のメルマガでもお伝えしましたが、ジャパンセンサーでは現在
「リニアセンサ温度計」を開発しています。

リニアセンサ温度計は従来の温度計に比べ温度センサーが直線上に複数点
配置された温度計です。今まである一点しか測定できなかったのが、
直線上の複数点を同時に測定できます。

例えば、ライン上を流れるワークの位置が一定でない場合や、
並んでいる複数のワークの温度測定が可能です。
1KHzの高速スキャンのため、流れの速いワークの温度を捉えられます。

また、幅のあるワークの温度分布も1台で測定できます。

★クローズアップ★リニアセンサ温度計って何?どんなことができるの?
↓↓記事はこちら↓↓
http://goo.gl/yth2Gf

「リニアセンサ温度計」についてご興味がありましたら、
【放射温度計の老舗ジャパンセンサー】までお気軽にご連絡ください!

本社(東京):03-6716-8877 / 大阪営業所:06-6304-7335

■□■□お問い合わせフォーム■□■□
https://goo.gl/SO4jXb
■□■□■□■□■□■□■□■□■□
記事:T・S

――――――――――――――――――――――――――――――――
本メールマガジンは、弊社ホームページよりお問い合わせいただいた
お客様、および弊社営業とコンタクトいただいたお客様へお送りしております。

今後、配信の中止をご希望される場合には、本メールマガジンを引用の上、
配信停止希望の旨をお書き添えいただきご返送くださいますようお願い
いたします。
――――――――――――――――――――――――――――――――

——————————————————————–
■赤外線計測機器専門メーカー/ジャパンセンサー株式会社■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■本社営業部
〒108-0075
東京都港区港南二丁目12番27号イケダヤ品川ビル
tokyo@japansensor.co.jp
TEL: 03-6716-8877 FAX: 03-6716-8879
■大阪営業所
〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島3-8-15 新大阪松島ビル2階
osaka@japansensor.co.jp
TEL: 06-6304-7335 FAX: 03-6304-7698

◇HP◇https://www.japansensor.co.jp/
◇フェイスブック(facebook)◇https://www.facebook.com/japansensor