ホーム > サポート > よくあるご質問 >電気一般について > RS485通信とはどのようなものですか?

よくあるご質問

RS485通信とはどのようなものですか?【電気一般について】

PDF:EL05310_electric_rs485

【RS485】

シリアル通信の規格でRS232C よりも高速、長距離のデータ伝送ができるように改善、さらに
送受信がN 対N と複数で同時に出来るようになっている電気的特性のみを決めている技術標準です。

コネクタの規格はなく、通信プロトコルはRS232C と同様、無手順、調歩同期方式が一般に
使用されています。

1) 平衡伝送(差動信号)
ドライバの出力信号線は2 本あり(極性が逆)、グランドに対し平衡になっているため耐ノイズ性
がRS232C に比べて高くなっています。
2) 伝送路のターミネート
送受信側に終端抵抗(110Ω)を付加し(ターミネート)、信号の反射を防いでいます。
3) マルチポイント
N 対N の伝送用の規格で、真のマルチポイント接続型通信ネットワークを構築することができ
ます。送受信数は最大32 対32 です。
4) 信号ケーブル
RS422/485 用のツイストペアケーブルを用います。高品質なマイクケーブルでも代用可能。
5) 最大ケーブル長 1200m
6) 最大データ速度 1.2m で10M ビット/秒、1.2km で100k ビット/秒
7) 電気的特性