ホーム > 用途事例 > マイクロ波加熱

マイクロ波加熱

食品の解凍・加熱・殺菌・加温。ゴムタイヤの加硫前予熱。
混練前ゴム材の予熱・軟化処理。
蛍光体・プラスチック・化学物質など各種粉末の加熱・乾燥。
セラミックスの予備加熱・焼結、特殊ガラスの加熱・溶融。中空糸などの乾燥。

マイクロ波加熱のイメージ

マイクロ波加熱時のワーク温度測定

目的

高速昇温が可能なマイクロ波加熱は、昇温速度が速く工程時間の短縮ができる。また反応時間も短縮でき、副反応発生温度域を早く抜け出せる事が出来ます。

お客様からの要望

装置内はマイクロ波があるので温度計を挿入できず、放射温度計でないと計測できない。
放射温度計で覗く部分を大きくするとマイクロ波が漏れ出てしまうので小さくしたい。
高速応答が必要。

目的にあった機種はこちら

選定された機種

FTK9シリーズはアンプ分離型・小型ヘッドの為、マイクロ波が漏れにくい製品です。

FTK9シリーズならヘッド分離型が適切です。
レンズ部が小さいため、覗き穴を最小にできます。(FTK9シリーズのレンズφ6㎜~)
低温度測定できる0.001秒の温度計があります。もちろん高温度も測定出来るものもあります。

その他の用途事例