ホーム > 用途事例 > 高周波加熱

高周波加熱

磁界の中でも安定して温度測定が行える必要がある。昇温が速いため、高速応答が必要です。

高周波加熱のイメージ

コイルの隙間や上下からの部材を狙って温度測定

目的

昇温が早いため、過熱しすぎないような温度制御が重要となります。従来は流す電流量とその時間で管理していました。

お客様からの要望

部材の大きさや昇温スピードによって、電源出力は大きくなるのでノイズ発生も多く強くなるため、それらにも強い温度計が必要。
常温域から測温したい。

目的にあった機種はこちら

選定された機種

ジャパンセンサー製品を使用することで、直接部材の温度測定が出来るようになり、より高精度な温度制御が可能となりました。

石英ファイバを赤外線放射エネルギーの伝達路に使用している為、ヘッドファイバ部には電気的なものは無いことで、磁界のやノイズの影響を避けられます。
測定波長に中赤外線領域を用いることでより安定性が増しました。
アクセサリーにシールドケースもあります。

TMHX-CNE0500(E)シリーズ・TMHX-CHE0500(B)シリーズ・TMHX-CLE1350(B)シリーズなら常温域からの対応が可能です。