ホーム > 用途事例 > シーム溶接直後の温度管理

シーム溶接直後の温度管理

スチール缶などの溶接の際に温度管理が必要。

シーム溶接直後の温度管理のイメージ

上下電極で挟み込み、電極を回転させながら溶接している。その溶接直後の温度を測定している。

目的

シーム溶接時の温度管理がしたい。

お客様からの要望

電極が高速で回転し通電しながら溶接される。その際、スチール缶の場合は高速で送り出されるため、常に一定の溶接状態である事が必要。そのため、温度も高速で見たい。

線状に連続的に溶接するが溶接幅は狭いため出来るだけ小さい標的サイズが必要。

目的にあった機種はこちら

選定された機種

FTKXシリーズは0.0001秒~の高速応答、φ0.15~の小さい標的サイズが特長なので対応可能です。

また、悪環境での使用が多くなりがちですが、FTKXシリーズはレンズ汚れ防止用のアクセサリが豊富で対応が容易です。
ヘッドが小型で組み込みやすい仕様です。

  • NEW! 1msec ファイバ型で悪環境に・狭い場所にも
    自由自在のセミオーダータイプ

    ファイバ型 放射温度計 FTKXシリーズ

    測定温度域:100℃ ~ 2000℃

    • ファイバ型(耐熱・耐磁界)
    • 高温
    • 石英越し用
    • 0.1msec / 1msec 高速応答
    • 金属用
    • セミオーダータイプ
  • NEW! 1msec 測定物に合わせて仕様を変えられる放射温度計

    ファイバレス型 放射温度計 FLHXシリーズ

    測定温度域:90℃ ~ 2000℃

    • 高温
    • 石英越し用
    • 0.1msec / 1msec 高速応答
    • 金属用
    • セミオーダータイプ
  • 1msec 多彩なバリエーション
    【後継機 FTKXシリーズも販売中】

    ファイバ型 放射温度計 FTK9シリーズ

    測定温度域:100℃ ~ 2000℃

    • ファイバ型(耐熱・耐磁界)
    • 高温
    • 石英越し用
    • 0.1msec / 1msec 高速応答
    • 金属用
    • セミオーダータイプ