ホーム > 用途事例 > ペットボトルプリフォームの温度測定

ペットボトルプリフォームの温度測定

ペットボトルはプリフォームを加熱し軟化させブロー成型で作られます。加熱されたプリフォームを測定します。

ペットボトルプリフォームの温度測定のイメージ

ペットボトルプリフォームの温度測定

目的

プリフォームが最適の軟化状態となるよう温度によって確認したい。

お客様からの要望

大量生産のため、高速でラインを稼働させる。温度も応答性が早いものが必要。
設置環境が狭いため、小さい温度計が必要。
プリフォーム径が細いので、測定ポイントが小さいものが必要。

目的にあった機種はこちら

選定された機種

ジャパンセンサー製品で温度管理を行えば、プリフォームの最適な状態を見極められ品質が安定した製品が出来ます。
また、薄いペットボトルも温度を管理する事で製造が可能となります。

常温からの温度計で0.001秒の高速測定が出来ます。センサヘッドが小さいため設置場所を選ばずに済みます。標的サイズも小さめです。