ホーム > 製品情報 > メールマガジンバックナンバー > 低温金属を安定測温 窓越測定も可能な放射温度計

低温金属を安定測温 窓越測定も可能な放射温度計

常識を変える!低温の金属を安定して測温 窓越測定も可能な放射温度計【JSメールマガジン 201508】

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ジャパンセンサーメールマガジン 【 2015年8月号 】
┃ http://www.japansensor.co.jp/
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いつもジャパンセンサーメールマガジンをご覧いただきありがとうございます。
ジャパンセンサーメールマガジン 2015年8月号をお届けします。

★ 目次 ★……………………………………………………………………………

1.【製品情報】低温の金属を安定して測定!窓越測定も可能な放射温度計のご案内

2.【特集】窓越測定についてもっと知りたい!

…………………………………………………………………………………………

【製品情報】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆低温の金属を安定して測定!石英窓越し測定も可能な放射温度計のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

低温の金属は放射温度計で測定できないと思われていませんか?

金属は一般的に放射率が低いです。すべての波長域で低いわけでなく
短波長側は放射率が高めになります。

ただし、短波長は温度が低いと赤外線エネルギー量が少ないです。
そのため、金属測温の場合、低温は難しいと言われてきました。

しかしながら、そんな常識をジャパンセンサーが変えました!!!

TMHX-TMシリーズは、1.95~2.6μmの短い波長を使用する事により、
安定した低温の金属の測温ができるのです。

測定温度範囲は、50~600℃。しかも、石英ガラスを透過する2.7μm以下の
波長を使用しているため、石英窓越しの測温も可能です。

さらに驚きの高速応答、0.001秒(1mS) ( `Д´)/ < 速っ!

——————————————————————–
【金属用 TMHX-TM0050(H) シリーズ】石英 窓越し測定可
http://goo.gl/h7oZLf

【金属用 TMHX-TM0050(E) シリーズ 小型ヘッドタイプ】石英 窓越し測定可
http://goo.gl/3V7aFx
——————————————————————–
従来品に比べてお求めやすい価格設定としましたので導入コストも大幅に
カットできます。

まずは無償貸出中のデモ機をお試しください。
——————————————————————–
◆TMHX-TM0050(H) シリーズ
測定距離/標的サイズ(50mm/φ1mm )(100mm/φ2mm )(200mm/φ3.5mm )
のデモをご希望の場合は下記URLからご連絡ください。
https://goo.gl/rPrvbI

◆TMHX-TM0050(E) シリーズ~小型ヘッド~
測定距離/標的サイズ(200mm/φ11mm)
のデモをご希望の場合は下記URLからご連絡ください。
https://goo.gl/knOfo6
——————————————————————–
放射温度計の老舗 ジャパンセンサーなら、これまでに培ったノウハウを
活かして、出来る限りお客様ご希望の仕様に応えるべく特別仕様での
対応もいたします。

お気軽にお問い合わせください。

本社(東京):03-6716-8877
大阪営業所:06-6304-7335

◆お問い合わせフォーム
https://goo.gl/mh9asD

【特集】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆窓越測定についてもっと知りたい!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

真空槽内部のものを測定したいが内部に温度計を設置できない。
そこでガラスを挟んで向こう側にあるものを測定する・・・。

窓越しによる測定は非接触によって温度測定が可能な放射温度計だからこそ
できる手法です。

しかし温度計と窓材には相性があります。

たとえば一般用ガラスの透過波長は0.4~2.5μmです。窓材として使用した場合、
測定波長が0.8~1.6μmであるFTK9-Pシリーズが使用できます。

しかしTMHX-CNEシリーズは使用できません。測定波長が2.0~6.8μmでありガ
ラスの透過波長外となっているためです。TMHX-CNEシリーズを使用するには
窓材を変える必要があります。

比較的ポピュラーな窓材に対して相性の良い温度計を挙げてみました。

一般用ガラス:透過波長0.4~2.5μm
→FTK9シリーズ、TMHX-TMシリーズ

石英:透過波長0.4~4.0μm
→FTK9シリーズ、TMHX-TMシリーズ、TMHX-CQシリーズ

CaF2(フッ化カルシウム):透過波長0.4~10.0μm
→FTK9シリーズ、TMHX-TMシリーズ、TMHX-CNEシリーズ等

BaF2(フッ化バリウム):透過波長0.4~12.0μm
→FTK9シリーズ、TMHX-TMシリーズ、TMHX-CNEシリーズ、TMH90シリーズ等

Ge(ゲルマニウム):透過波長2.0~23.4μm (反射防止コート付)
→TMHX-CNEシリーズ、TMH90シリーズ等、市販のハンディ型も使用可能。
※可視光を透過しないので肉眼では窓の向こうを見ることができません。

弊社HPからダウンロードできる技術資料にはより詳細なデータが記載されて
いますので是非参考にしてください。
【技術資料ダウンロード】 ⇒ http://goo.gl/KjFMlg
※温度計技術資料 窓越し測定 TM05210 がオススメ

放射温度計と窓材はペアのようなものです。

相性が一致したものを選べば簡単に温度測定ができるようになりますが
逆に相性が悪いと測定したいものを満足に測ることができません。

皆さんもお手元の放射温度計と窓材の相性を知ると
もっと使えるバリエーションが増えるかもしれません。

放射温度計の使いこなしについてご相談がございましたら、
ジャパンセンサーまでお気軽にご連絡ください!

本社(東京):03-6716-8877
大阪営業所:06-6304-7335

◆お問い合わせフォーム
https://goo.gl/mh9asD

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
本メールマガジンは、弊社ホームページよりお問い合わせいただいた
お客様、および弊社営業とコンタクトいただいたお客様へお送りしております。

今後、配信の中止をご希望される場合には、本メールマガジンを引用の上、
配信停止希望の旨をお書き添えいただきご返送くださいますようお願い
いたします。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

——————————————————————–
■赤外線計測機器専門メーカー/ジャパンセンサー株式会社■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■本社営業部
〒108-0075
東京都港区港南二丁目12番27号イケダヤ品川ビル
tokyo@japansensor.co.jp
TEL: 03-6716-8877 FAX: 03-6716-8879
■大阪営業所
〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島3-8-15 新大阪松島ビル2階
osaka@japansensor.co.jp
TEL: 06-6304-7335 FAX: 03-6304-7698

◇HP◇http://www.japansensor.co.jp/
◇フェイスブック(facebook)◇https://www.facebook.com/japansensor

関連製品