ホーム > 製品情報 > メールマガジンバックナンバー > 世界初! 0.0001 秒の応答速度 TMHX-CUシリーズ

世界初! 0.0001 秒の応答速度 TMHX-CUシリーズ

世界初!0.0001秒の応答速度で革新を起こしませんか?【JSメールマガジン 201503】

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ジャパンセンサーメールマガジン 【 2015年3月号 】
┃ http://www.japansensor.co.jp/index.html?utm_source=201503MailMagazine
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いつもジャパンセンサーメールマガジンをご覧いただきありがとうございます。
ジャパンセンサーメールマガジン 2015年3月号をお届けします。

★ 目次 ★……………………………………………………………………………

1.【製品情報】世界初!応答速度 0.0001秒 の放射温度計で革新を
                           起こしませんか?

2.【特集】放射温度計で高めの温度が表示される場合は外乱光を疑ってみて!

3.【重要なお知らせ】試験成績書の取り扱いについて

…………………………………………………………………………………………

【製品情報】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆世界初!応答速度 0.0001秒 の放射温度計で革新を起こしませんか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ジャパンセンサーでは、0℃ から測定可能な放射温度計で世界初となる
応答速度0.0001秒(0.1mS)の開発に成功し発売しました。

2年前に世界初として応答速度0.001秒(1mS)のTMHX-CHシリーズを発売
しましたが、世界初を超え、さらに10倍も速い応答速度を実現しています。

応答速度0.0001秒の実現により・・・

・高速移動するワーク
・昇温が非常に速いワーク
・生産タクトタイムの短縮       などで威力を発揮します。

また、従来では考えられないほどの高速応答なので、測定することで
新たな発見があるかもしれません。

■0.1mS超高速応答 放射温度計 TMHX-CUシリーズについて詳しくはクリック↓↓↓
http://www.japansensor.co.jp/products/TMHX-CU.html?utm_source=201503MailMagazineTMHX-CU

デモ機を用意しておりますので、ぜひ一度ご評価ください。
使いこなす為のアドバイスもいたします!

     ↓↓↓デモ機のご依頼はコチラ↓↓↓
http://www.japansensor.co.jp/ssl/inquiry.html?utm_source=201503MailMagazineTMHX-CU

IP67の堅牢ボディに世界最高の技術を詰め込んだ世界最速のTMHX-CUを
用いれば、新たな発見、新たな生産方法の確立など、色々な分野で革新が
起こるとジャパンセンサーは確信しています。

また、今回は0~500℃の低中温仕様ですが、今後は数千度まで測定可能な
中高温仕様にて超高速応答を実現するべく開発していきますので
ご期待ください。

★仕様やご不明な点はもちろん、こんな仕様の放射温度計があったらいな…
などなど、ジャパンセンサーへお気軽にお問い合わせください。

本社:03-6716-8877
大阪営業所:06-6304-7335

◆お問い合わせフォーム
http://www.japansensor.co.jp/ssl/inquiry.html?utm_source=201503MailMagazineTMHX-CU

【特集】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆放射温度計で高めの温度が表示される場合は外乱光を疑ってみて!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ワークの周囲に高温になっている物体がある場合、その高温物体から放射される
赤外線がワークの表面で反射して、ワークからの放射に加算されて放射温度計に
入射されるため温度指示値が高めになることがあります。

このように本来の測定に関係のない赤外線を外乱光と呼びます。

外乱光の影響はワーク温度に比べて外乱になる物体の温度が高いほど大きく
なります。また、ワークの放射率が低いほど大きくなります。

ワークの温度が室温であるにもかかわらず、放射温度計の指示値が高い温度を
示す場合、センサヘッドのレンズ部を手または紙等で塞いでみて下さい。

塞ぐことによって、温度指示値が低下すれば外乱光の影響があることになります。

なお、外乱光の影響を低減するには、次の方法があります。
—————————————————————————-
1)外乱の原因が白熱電球等の照明光にある場合、温度の低い蛍光灯に変更。

2)太陽光が差し込む場合は、太陽光を遮光する。

3)高温物体とワークの間に遮蔽板を設置する。

4)ワークの放射率が低い場合、ワークに黒体塗料を塗布して反射率を低くする。
—————————————————————————-

外乱光の影響は、目に見えない赤外線の世界の出来事である為、実感することが
できず、測定者を悩ませます。

ワークの周囲に高温になっている物体あり、放射温度計に高めの温度が
表示される場合には、外乱光の影響も疑ってみてください。

★放射温度計の測定で何かお困りでしたら、ジャパンセンサーへお問い合わせください。

本社(東京):03-6716-8877
大阪営業所:06-6304-7335

◆お問い合わせフォーム
http://www.japansensor.co.jp/ssl/inquiry.html?utm_source=201503MailMagazineSpecialFeature

【重要なお知らせ】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆試験成績書の取り扱いについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

平素よりジャパンセンサーの製品をご愛顧いただき誠にありがとうございます。

このたび、弊社では試験成績書の取り扱いを変更する事となりました。

・2月2日お見積り分よりTMHXシリーズは、原則としてご希望いただいたお客様
 のみ試験成績書を同梱いたします。試験成績書が必要な場合には、ご注文の
 際にお申し付けください。

・その他の機種は現行通りに取り扱います。

◆対象機種
全TMHXシリーズ

これまでジャパンセンサーをご支援いただきました皆様方には、何卒ご理解を
賜りたくお願い申し上げます。

今後ともジャパンセンサー(株)をよろしくお願いいたします。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
本メールマガジンは、弊社ホームページよりお問い合わせいただいた
お客様、および弊社営業とコンタクトいただいたお客様へお送りしております。

今後、配信の中止をご希望される場合には、本メールマガジンを引用の上、
配信停止希望の旨をお書き添えいただきご返送くださいますようお願い
いたします。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

——————————————————————–
■赤外線計測機器専門メーカー/ジャパンセンサー株式会社■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■本社営業部
〒108-0075
東京都港区港南二丁目12番27号イケダヤ品川ビル
tokyo@japansensor.co.jp
TEL: 03-6716-8877 FAX: 03-6716-8879
■大阪営業所
〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島3-8-15 新大阪松島ビル2階
osaka@japansensor.co.jp
TEL: 06-6304-7335 FAX: 03-6304-7698

◇HP◇http://japansensor.co.jp/index.html
◇フェイスブック(facebook)◇https://www.facebook.com/japansensor
◇ツイッター(Twitter)◇https://twitter.com/japansensor

年別アーカイブ

関連製品