ホーム > 製品情報 > メールマガジンバックナンバー > 高性能・低価格を両立 放射温度計 TMHX-CNシリーズ

高性能・低価格を両立 放射温度計 TMHX-CNシリーズ

高性能・低価格の両立を実現した放射温度計 TMHX-CNシリーズ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ジャパンセンサーメールマガジン 【 2015年1月号 】
┃ http://www.japansensor.co.jp/index.html
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いつもジャパンセンサーメールマガジンをご覧いただきありがとうございます。
少しだけ早くジャパンセンサーメールマガジン 2015年1月号をお届けします。

★ 目次 ★……………………………………………………………………………

1.【製品情報】高性能・低価格の両立を実現した放射温度計 TMHX-CNシリーズ

2.【特集】ガラス越し(窓越し)の温度測定もできます

…………………………………………………………………………………………

【製品情報】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆高性能・低価格の両立を実現した放射温度計 TMHX-CNシリーズ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

( ´・>・)y<「設備や装置のコストダウンを図りたい。」

「放射温度計を複数使用したい。」>o( ̄‐ ̄*)

(~~_~~)<「初めて放射温度計を導入するけど扱いが難しいのでは?」
と悩んでいませんか?

そんな時にはこれ!『TMHX-CN』シリーズ 価格は驚異の39,800円!!

InSb(インジウムアンチモン)素子の採用により従来のサーモパイル素子搭載の
温度計に比べ応答が速くなり、より安定的に。

照準光が当たっている部分がそのまま測定している範囲となるため位置合わせ
がとても簡単にできます。

全数温度校正しておりますので、ご入り用とあればトレーサビリティ書類
発行もいたします。

是非ご検討下さい!

= TMHX-CNシリーズの詳しいご案内は下記URLにございます =
http://www.japansensor.co.jp/products/TMHX-CN.html

★無償でデモ機の貸し出しも行っております★

【高性能・低価格の両立を実現した放射温度計 TMHX-CNシリーズ】
をご評価ください。

測定距離/標的サイズは、下記3種類から選択いただけます。
◆35㎜でφ1.6㎜ / ◆70㎜でφ3.0㎜ / ◆120㎜でφ5.5㎜

↓↓↓デモ機のご依頼はコチラ↓↓↓
http://www.japansensor.co.jp/ssl/rental.html

放射温度計の選定や測定方法についてお悩みがございましたら、お電話、
またはお問い合わせフォームよりご相談ください。

本社(東京):03-6716-8877
大阪営業所:06-6304-7335

◆お問い合わせフォーム
http://www.japansensor.co.jp/ssl/inquiry.html

【特集】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ガラス越し(窓越し)の温度測定もできます
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

放射温度計でガラス越し(窓越し)の測定を行う場合、放射温度計の実効
波長によって窓の材質を選ぶ必要があります。

赤外線はどんな窓材も透過するとは限りません。透過しない場合は、窓材
自体の温度を測定してしまいます。

透明なガラス窓は可視光を透過します。しかし、一部の赤外線の波長は
透過しません。

例えば、一般的な石英ガラスの場合は、2.7μm以上は透過できなくなって
きます。

そのため、放射温度計を選定する際には、測定波長が2.7μm以下のものを
選びます。

ジャパンセンサーの放射温度計での例は・・・

○FTK9シリーズは実効波長が
R型:1.95~2.5μm,P型:0.8~1.6μm,A型:0.8~1.0μm →【可】

×TMHXシリーズのCNは実効波長が  2.0~6.8μm →【不可】

石英ガラスの透過波長からすると、実効波長2.7μm以下のFTK9シリーズの
R型、P型、A型のいずれかのタイプを選ぶ事により、窓越しでの温度測定が
行える事になります。

他にもTMHX-CQシリーズやTMH9シリーズ等、ガラス越しの測定が可能な
放射温度計がございます。多機種から適した機種をお選びいただけます
ので、選定はジャパンセンサーにご相談ください。

なお、窓材の表面では反射があるため、窓材の透過領域においても
その透過率は100%にはなりません。

反射率は両面合計で一般的に6~10%ですので温度指示値が低下しますが、
ジャパンセンサーの放射温度計では、放射率の補正やセンサ補正スパン
といった機能を使用する事により補正が可能です。

★真空層など窓越し温度測定しなければならない
★高温で近くに温度計を設置できない
★窓越しでは放射温度計が使えないと聞いたが・・・(´・_・`)

上記の様なお悩みがございましたら、お気軽に放射温度計の
ジャパンセンサーへお問い合わせください。

本社(東京):03-6716-8877
大阪営業所:06-6304-7335

◆お問い合わせフォーム
http://www.japansensor.co.jp/ssl/inquiry.html

年別アーカイブ

関連製品