ホーム > 用途事例 > 自動車ドアビーム基材の高周波焼入れ 温度管理

自動車ドアビーム基材の高周波焼入れ 温度管理

回転する金属管に高周波加熱コイルが移動しながら加熱して、同時に水冷して表面に焼き入れをする中で、温度計も高周波コイルと一緒に移動しながら測温制御していきます。

自動車ドアビーム基材の高周波焼入れ 温度管理のイメージ

金属管の焼き入れ

目的

焼き入れをして強度を上げる際の温度管理がしたい。

お客様からの要望

耐磁界、耐水、耐熱、高速応答があって小型軽量の温度計が必要。

目的にあった機種はこちら

選定された機種

ジャパンセンサー製品で焼き入れをして強度を上げる時の温度管理をすると、強度不足のない製品が出来ます。

ファイバ型温度計で、ヘッド部の材質を樹脂にするなど一部の仕様においてカスタマイズ対応が可能です。1mSの高速応答で高周波ノイズの影響を受けません。

  • 多彩なバリエーション【後継機 FTKXシリーズも販売中】

    ファイバ型 放射温度計 FTK9シリーズ

    測定温度域:100℃ ~ 2000℃

    • ファイバ型(耐熱・耐磁界)
    • 高温
    • 石英越し用
    • 高速応答・超高速応答
    • 金属用