ホーム > 用途事例 > 窓越し測定

窓越し測定

真空槽の外から内部で処理中の対象物の温度測定に。

窓越し測定のイメージ

真空層や容器内部の対象物を窓越しに測定する

目的

対象物の実際の温度を測定して表面の処理状態を把握する。

お客様からの要望

高速応答、中長距離小焦点、測定ワイドレンジの温度計が欲しい。

目的にあった機種はこちら

選定された機種

ジャパンセンサー製品なら、測定距離や標的サイズが豊富です。
最速1msecの高速応答、0℃~1350℃、100℃~2000℃などのワイドレンジ測定など、様々な用途に応じたラインアップがあります。

その他の用途事例