ホーム > 用途事例 > 圧延工程での温度管理

圧延工程での温度管理

高炉・電炉の圧延工程で、鋼材・棒鋼・線材の温度測定。

圧延工程での温度管理のイメージ

圧延工程での温度管理

目的

圧延する時の鋼板温度を測定し、製品仕上がり品質を一定にしたい。

お客様からの要望

粉塵・水蒸気等環境が悪い場所でも使用したい。
設置場所が高温のため耐熱性が高いものが良い。

目的にあった機種はこちら

選定された機種

エアレスフード・エアパージフードを使用することにより、レンズに汚れが付きにくくなります。
センサヘッド部が小型のため保護ボックスに収納しやすく、悪環境に対する対策がしやすい構造です。
ヘッド部の耐熱が150℃のため、設置場所が高温でも対応が可能です。