ホーム > 用途事例 > コンベア上の製品

コンベア上の製品

コンベアを流れている製品を、コンベアを止めることなく温度測定する。

コンベア上の製品のイメージ

ワークがコンベア上を流れているところの温度測定

目的

コンベアを止めることなく温度測定することでタクトタイムの短縮につながる。
コンベア上でそのまま温度測定するため全数検査が可能。

お客様からの要望

コンベアを止めることなく温度測定したい。
コンベアのスピードを上げてタクトタイムを上げたい。したがって温度計の応答速度を速くしたい。

目的にあった機種はこちら

選定された機種

ジャパンセンサーの放射温度計は応答速度が速いということも最大の特長の一つ。
低温、高温いずれでも応答速度が最速0.001秒のタイプを用意しているため、温度にかかわらず対応可能です。
低温でも高速なのは、ジャパンセンサーの放射温度計だけです。