ホーム > 用途事例 > 金属引き抜き加工

金属引き抜き加工

線材や金属管を細く加工する時の温度管理。

金属引き抜き加工のイメージ

線材や金属管を細く加工する時の温度管理

目的

金属細線加工時の温度管理がしたい。

お客様からの要望

取り付けられるスペースが限られる場合が多いため、コンパクトで金属粉や油汚れなどにも強く、メンテナンスが簡便なものが良い。

目的にあった機種はこちら

選定された機種

短波長のため、金属の測定に適しています。
低温(50℃~)の測定が可能です。
さらにFTKXシリーズ・FLHXシリーズは、φ0.15~の微小スポットに対応が可能。
FTKXシリーズなら、スペースが限られている場所でもヘッド部が小型軽量の為、取り付けられます。
豊富なアクセサリで金属粉や油汚れ等にも対応可能です。

  • 金属を高速応答で測温

    金属用 放射温度計
    TMHX-TME0050(H) シリーズ

    測定温度域:50℃ ~ 600℃

    • 金属用
    • 低温
    • 石英越し用
  • NEW! 1msec ファイバ型で悪環境に・狭い場所にも
    自由自在のセミオーダータイプ

    ファイバ型 放射温度計 FTKXシリーズ

    測定温度域:100℃ ~ 2000℃

    • ファイバ型(耐熱・耐磁界)
    • 高温
    • 石英越し用
    • 0.1msec / 1msec 高速応答
    • 金属用
    • セミオーダータイプ
  • NEW! 1msec 測定物に合わせて仕様を変えられる放射温度計

    ファイバレス型 放射温度計 FLHXシリーズ

    測定温度域:90℃ ~ 2000℃

    • 高温
    • 石英越し用
    • 0.1msec / 1msec 高速応答
    • 金属用
    • セミオーダータイプ
  • 1msec 多彩なバリエーション
    【後継機 FTKXシリーズも販売中】

    ファイバ型 放射温度計 FTK9シリーズ

    測定温度域:100℃ ~ 2000℃

    • ファイバ型(耐熱・耐磁界)
    • 高温
    • 石英越し用
    • 0.1msec / 1msec 高速応答
    • 金属用
    • セミオーダータイプ